サルタの絵本しょうかい

長い間愛されつづけてきた、すてきな絵本を紹介します。

たのしいおばけのでてくる絵本 ”め”っきらもっきら どおんどん

"めっきらもっきら どおんどん"

作・文  長谷川摂子    降矢奈々

出版社 福音館書店   出版日 1985.8.1

 

「めっきらもっきら どおんどん」は、かんたの歌うめちゃくちゃな歌の最後の文句。


遊ぶ友達が見つからないので、しゃくにさわって大声で歌っていると、木の中からウケてしまう声。


のぞき込むと落ちる落ちる。


着いたところは夜の山。


ウケていた三人のオバケがやってくる。


このオバケたち、顔や姿に似合わずかなり無邪気だ。


かんたといっしょに遊びたいらしい。


この遊びを描いたところがたのしいです。


どの子もこんな遊びができたらと思うことでしょう。


さんざん遊んで、お餅のなる木でお腹がいっぱいになると、オバケたちは眠ってしまう。


かんたは心細くなって思わず

「お、か、あ・・・・・・」、


それを言ったらおしまいだ!


 このめちゃくちゃな歌詞覚えるとオバケに会えるかも・・・・・・ 。


もうかんたは忘れてしまったらしいので。